車ローンをいくつか比較して思ったこと【金利と審査の話も少し】

車のローンに関する記事がだいぶ古くなったので更新します。

さて、2012年に新車に乗り換えた私の車、2回目の車検も近づいてきました。乗り換えを検討するならそろそろ動かないとという時期になっています。
車のローンを組むにしても、最近の金利はどうなってるのか、あらためて気になりましたので、そのあたりをまとめてみます。

自動車ローンの金利の相場勘

私の頭の中には、
●銀行系のマイカーローンだと、2%の半ばから後半
●ディーラー系のクレジットだと、2%の後半から3%以上

というのがひとつの相場観としてインプットされています。

もちろん、それ以上もあり、それ以下もあるのですが自動車ローンのひとつの目安とはなる数字と思っています。

ですが、まれに2%を割り込んで、1.9%くらいの超低金利の自動車ローンが出てくることがあるのです。
それがキャンペーン金利です。

とにかく、車種は融通をきかせるから、低金利のローンで車が買いたいという人はいくつかディーラーをはじごしてキャンペーン金利を見つけるのもひとつの方法になります。

特に審査が不安な方。
絶対とは言えませんが、キャンペーン金利は下記のような事情があるので、通常よりも申し込みウェルカムな体制ができているのでおすすめです。

キャンペーン金利とは?

キャンペーン金利というのは、その名の通り、何らかのキャンペーンによって金利が下げられている状態です。

銀行のマイカーローンの場合
→借りて欲しい時(利用者を増やしたい時)

ディーラーの提携ローン(クレジット)の場合
→フルモデルチェンジ前の車を積極的に売りたい時
→決算時期に売れ残っている在庫を処分したい時

などに特別低金利として金利の引き下げを行うことが多いです。
1%を切ってくると、返済シミュレーションを見るとかなりお得感が感じられます。

車のローンとクレジットの違い

車を買うときに同じお金を借りるにしても、銀行で借りるローンと、ディーラーを経由するクレジットには違いがあるので、この機会にまとめておこうと思います。

ローン(銀行などの取扱)
自動車の所有権は自動車を買う本人
金利が比較的低い
クレジットより審査が厳しい傾向あり
自分で手続が必要

クレジット(ディーラーなどの取扱)
返済期間中は自動車の所有権がクレジットカード会社
金利は銀行と比べて高い場合あり
銀行より審査が柔軟な傾向あり
ディーラーが手続きをほぼ代行してくれる

ローンもクレジットも一長一短ありますが、金利や手続きの面とあわせて自分にとってメリットが大きいほうを選ぶといいでしょう。

私は銀行のマイカーローンは手続きが面倒と敬遠していたのですが、ここ数年でネット申込みができるマイカーローンが増えています。
銀行は同じ借りるにしても審査が厳しい思われがちですが、どこで借りるかを選べば意外と柔軟な傾向もあるようです。

車のローンの審査についてはこちらのサイトも参考にして下さい。
自動車のローン審査

ローンを借りるには準備が必要な場合もあります。
友人がガリバーだったか、ろうきんだか、銀行だか忘れましたが、マーカーローンとか自動車のローンが通らないととかで嘆いていたところ、頭金を増やしたらすんなり通ったそうです。
借入れ金額が個人の与信をオーバーしていたのでしょう。

実際いくつかのディーラーを回ってみると、年始の車の初売りには、キャンペーン金利を出してるところがありました。
次は決算期の3月が狙い目でしょう。